トップページ » 症例集 » すきっ歯の治療

症例集

すきっ歯の治療

症例①:精密レジン充填+ラミネートベニア

矯正せずにすきっ歯や多少の歯のガタガタを整えて口元をキレイに見せるには、ラミネート・ベニアや精密レジン充填を使用します。

初診で来院した時、歯の写真、レントゲン、をとらせてもらい、矯正せずに治療が可能かどうか診断します。

このケースでは、矯正せずに審美的回復が可能であること、治療が咬み合わせなど、機能面にも影響をおよぼさない事が確認できました。

模型診断にもとづいて、治療をすすめていきます。
わい小歯はラミネートベニアで形態を回復、すきっ歯とゆがんだ犬歯は精密レジン充填で形態を回復することにしました。

わい小歯では、歯をほとんど削らずに、治療をする事が可能です。
このケースでも歯はほとんど削っていません。

前歯の精密レジン充填では天然歯と変わらない審美性を得ることができました。


術前


術後


術前


術後

症例②:矯正治療+ラミネートベニア


術前


術中


術後

前歯の詰め物治療費(税別)

ラミネートベニア ¥50,000~
精密レジン充填 ¥25,000~
このページの先頭へ