トップページ » 自由診療の流れ

自由診療の流れ

Step01
初診インタビューと簡易検査

問診票記入後、問診の確認とパノラマレントゲン(大きなレントゲン)検査、歯周病の基本検査を行い、お口の現状と主訴の原因の説明をします。
必要があればマイクロスコープを用いた口腔内簡易検査と検査を録画した映像による説明を行います。
この時点でもっと詳しい検査が必要と判断されたら、デンタルドックの説明をさせていただきます。

※初診時、自由診療を検討してみたい方はデンタルドック(精密検査)へ、保険診療を選択した方は保険診療へ進みます。

※初診時、治療やクリーニングは行いませんが、応急処置が必要な場合はできる限り対応します。(応急処置の治療費は別途必要です。)

※初診インタビューは、当院で治療するかどうか?患者さんと私たち双方が検討する場です。患者さんの要望を聞かせていただき、当院の方針と提供できるサービスを伝え、お互い良好な関係で治療に入れるかも確認します。

※初診料 約3,000円程度

Step02
デンタルドック(精密検査)

お口の現状の把握と問題が起こった原因を特定するため約10項目にわたる詳しい検査を行っていきます。(検査詳細はデンタルドックのページをご覧ください。)

デンタルドック料金 20,000円(税別)

Step03
検査結果の説明と共診断

検査結果を報告書にまとめて歯科医師がご説明します。
口腔内写真やレントゲン写真もモニター上で一緒にご覧いただきます。
ここでは歯科医師が現状を把握するだけでなく、患者さんが自分のお口の現状を歯科医師と共に理解する共診断を主にしています。

Step04
治療計画のご提案

検査結果と共診断の後、ご本人の希望を反映した最適・最善の治療計画(基本自由診療となります)をご提案します。
応急処置は別として、治療内容、費用、期間全てをご納得いただくまで治療行為は行いません
自由診療の治療は患者さんと共同作業で行っていきます。

※治療計画のご提案時、話を聞いてみて保険診療を選択した方は保険診療へ進みます。

Step05
治療開始

自由診療は保険診療と違って制限がありませんので、その時出来る最高の治療を提供します。
治療に際しては、当日の治療内容をマイクロスコープで録画した映像で説明し、次回のスケジュールをお伝えします。

※自由診療ではマイクロスコープを使った丁寧な治療を受けることができます。

Step06
治療終了

術前の状態と治療終了後の状態を写真とレントゲンで資料化し、モニターで見てもらいながら治療前後の比較を詳しく説明します。治療後のメインテナンスのアドバイスも行います。

Step07
メインテナンスへ

自由診療では「歯磨きしやすい環境を作る。」という目的もあり、治療が終わった後は歯磨きしやすいお口の中になっています。
ただし、治療内容にも個体差がありますので、お一人お一人に合った予防メインテナンスのやり方を詳しくお伝えします。

自由診療の治療費

自由診療は公的医療保険が適用されないのでどうしても治療費は高額になります。

例えば、銀歯を白い歯に変えると1本10万円ほどかかります。
同じ治療でも症例によってはとても難しいケースもありますし、それほど難しくないというケースもあり、同じ治療でも治療費は変わってきます。

当院では、先ずデンタルドックという精密検査を受けていただいていますが、そこで初めて患者さんのお口の詳しい状況が分かります。
検査結果をふまえ、どこまで治療に介入するのか?どこまでの治療を望んでいるのか?お話を詳しく聞かせてもらわないと、治療方法、期間、費用はお伝えできないのです。

自分はどれくらいの治療費がかかるのか?は懸念材料だと思いますが、デンタルドックの結果からしか本当に患者さんの利益になる治療方法や費用はお答えできないということを理解していただければと思います。

このページの先頭へ