トップページ » 矯正歯科

矯正歯科

大人の矯正歯科治療

おか歯科では子供の矯正歯科治療大人の矯正歯科治療を行なっています。
大人の矯正治療には、全部自分の歯がそろっていて虫歯や歯周病もなく、見た目や噛み合わせの改善目的で行う比較的若い方の矯正治療(COT)と、歯周病や歯が抜けた後を放っておいたために、残っている歯が動いてきて、見た目や噛み合わせが狂ってきた方の部分矯正治療・補綴前矯正治療(LOT)があります。

当院では特に部分矯正治療・補綴前矯正治療(LOT)に力を入れており、矯正治療、歯周病治療、審美歯科治療、欠損補綴治療(歯がない所に歯を作る治療)を組み合わせた包括歯科診療を行なっています。

抜歯後の放置や歯周病で残っている歯が動いてきて、歯並びに問題を起こしている人の多くは、

  • 『最近上の前歯が空いてきた。』
  • 『下の歯並びがガタガタになって、息がもれるようになってきた。』
  • 『奥歯で物がうまく噛めなくなった。』

などの不満を抱えて歯科医院にこられる方が多く、最初は矯正歯科ではなく一般歯科を受診します。一般歯科では歯周病治療や削って被せる治療は行いますが、矯正を治療方法に組み込んでいる所や、矯正を応用した治療をする歯科医院は少ないようです。
当院では、乱れた歯並びを元にもどし治療を進めなければ良い結果が望めないと判断した場合には、患者さまに説明後了解が得られたのち、矯正を組み入れた包括歯科診療を行なっています。

包括歯科診療を家作りに例えると、歯周病や抜歯後放置で、乱れた歯並びを治さず治療を進めることは、傾斜の泥地に無理に家を建てる事に似ています。そして、家を建てるのにも困難が伴い長持ちしない危険性もあります。
当然、傾斜の泥地を平らにならして(=矯正治療)、しっかり地面を固めて(=歯周病治療、歯の根っこ治療)家を建てた方が上の家(=歯と被せ物)も長持ちするのです。

  • 歯を抜いた後、放置していたので、倒れてきた歯を抜いてインプラントにしないといけないと言われた方
  • 歯周病で歯が動いてきて歯並びが乱れ、見た目や噛み合わせが気になっている方
  • 歯周病で動いてきた歯を抜いて、ブリッジやインプラントにしないといけないと言われた方
  • 出来るだけ自分の歯を残す治療をしたい方
  • 被せる治療をたくさんしたけど、歯並びが気になる方

は、部分矯正治療・補綴前矯正治療(LOT)取り入れた包括歯科診療を相談することをおすすめします

※ 注意事項
歯周病や抜歯後の放置で歯並びが乱れた時は、長い年月をかけて悪くなっているため、残念ながら短期間の治療では治りません。
しかし、時間と費用をかけて根気強く治療すれば、必ず見た目と噛み合わせも改善され生活の質が向上します。

矯正歯科治療費(税別)

(別途毎月の調整料¥3,000、矯正後のリテーナー代金¥30,000がかかります)

部分矯正治療・補綴前矯正治療 ¥100,000〜¥600,000
このページの先頭へ